ほとんどの人が知らない!?あなたの努力を無駄にしない方法

ジャンプ力を上げたかったら

まず改善しなければいけないことがあります。

 

これが出来ていなければ、

ジャンプ力だけでなく、

あなたの身体能力は上がっていきません!

 

ライバルに追い付き、追い越し

差を付ける!

 

その秘訣をお伝えします!!

 

上手くなってる実感が無いと不安ですよね。

 

んにちは!ひろきです!

あなたの努力は結果につながっていますか?

 

 

日々の部活動で、

一生懸命トレーニングをしていても、

なかなか結果に結びつかない。

 

 

「この調子で練習していて

本当にうまくなるのだろうか?」

 

 

そんな風に思ったことはないですか?

 

僕も高校生の頃は、

そんな風に思ったことがあります。

 

 

このブログで紹介する方法を

しっかりとやっていけば、

 

 

あなたのやった

練習やトレーニングの効果を

最大限に高めることができます。

 

 

部活の仲間と同じメニューを行っていても、

あなただけがずば抜けてうまくなり、

まわりは置いてきぼりにすることができます。

 

 

「あいつには才能があるから

いくら頑張っても勝てっこない」

 

 

そう思っていたライバルも、

あなたはあっという間に

追い越すことができます。

 

 

いつしか、あなたは周りから

「あいつは天才だから」

と言われる側になるでしょう。

 

 

自信満々でプレーすることができます。

 

 

逆に、この方法を知らなければ、

あなたの練習やトレーニングは

無駄だらけになり、

 

 

あなたより才能のある人には

一生勝てないず、

悔しい思いをし続けます。

 

 

同じ部活で、

同じメニューをやって差をつけるには、

一体どうすればいいのでしょうか?

 

みんな知らない秘訣

 

ズバリそれは、

 

「身体の歪みをなくすこと」

 

 

 

人の筋肉は、普段の生活の中で、

前後・左右でバラツキが出てきてしまいます。

 

 

運動をするときに使う筋肉は、

ほとんどが2つセットになっています。

 

 

右左もしくは、前後でセットになっています。

 

 

太ももの前側の筋肉

が強くなりすぎている(こわばっている)と

 

 

必ず、太もも後ろ側の筋肉は

弱くなって(ゆるんで)います。

 

 

人の体には、必ず

こわばり筋とゆるみ筋が存在しているのです。

 

 

右足と左足で、

筋肉の出せる力に差があると

 

高くジャンプすることや、

速く走ることはできません。

 

 

 

他にも、

腹筋と背筋のバランスが乱れていれば

 

背中が曲がってしまったり、

腰が反ってしまったりしてしまいます。

 

 

 

身体の中心部のバランスが悪いと

そこにつながっている、

手や足も最大限の力が

出せなくなってしまいます。

 

 

 

身体が歪んだまま練習をしていると

その歪みはどんどん悪くなってしまいます。

 

 

 

こわばり筋はどんどん、硬くなっていき、

 

ゆるみ筋はどんどん、弱くなっていきます。

 

 

それが続くと、腰痛やひざ痛などが起こり

練習どころではなくなってしまします。

 

 

 

逆に、身体の歪みが少なければ

常に最大限の力を発揮することができ、

疲れにくくなります。

 

 

前後・左右、均等に力が出せるので

トレーニングの効果も高まります。

 

身体能力を上げたいならヤツを倒せ!

 

 

では、どうやって体の歪みを

治していけばいいのでしょう?

 

 

今日のテーマは、

「こわばり筋を緩めろ!」

です。

 

 

こわばり筋がしっかりストレッチできれば、

 

 

不思議なことに、

眠っていたゆるみ筋が目覚め、

しっかり力を出せるようになります。

 

 

 

今後、このブログで具体的な

ストレッチ方法を紹介していきます。

 

ほら、今あなたの体に・・・

 

今日は、

簡単な身体の歪みチェックから

始めてみましょう。

 

今すぐできるので、やってみてください。

 

まず、今の姿勢を確かめます。

 

 

背中が丸まっていませんか?

 

これは、腹筋がこわばり、

背筋が緩んでいる証拠です。

 

 

 

身体の歪みは、

普段の姿勢からも改善ができます。

 

 

まずは、

このブログを読むときだけでもいいので

思い出して、背筋を伸ばして

読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です