電子書籍版があなたの
メールボックスに届きます!

◆LINE@・メールで最新情報をお届け!


ンクができるくらい、

ジャンプ力を上げたい!

 

7年前、高校時代の僕は
思っていました。

 

しかし、

 

「今まで色々な試して来たけど、

効果がでない…。」

 

「そもそも、

どうやったらジャンプ力が上がるの?」

 

「どんな筋トレをすればいいんだ?」

 

部活の顧問はトレーニングに

関しては無知だし、

 

インターネットや

本に書いてあるものは、

わかりづらいし、効果もイマイチ・・・。

 

積み重なるジャンプ力up研究の末、

1ヶ月で手のひら一つ分(約13cm)

ジャンプ力が上がる

効果抜群の方法を発見しました!

 

簡単なストレッチで体の歪みを調整し

筋力バランスを整えるだけで

あなたのジャンプ力は上がります!

 

最高峰、

早稲田大学のスポーツ科学部で

学んだ最新手法と、

 

7年に及ぶ、トレーニング研究を

ミックスさせた、

 

ジャンプ力upマニュアルを

無料でプレゼントします。

 



 








電子書籍版があなたの
メールボックスに届きます!

◆LINE@・メールで最新情報をお届け!


ジャンプ力upマニュアルの内容

 

✔︎5分でジャンプ力がupする方法とは!?

やった瞬間ジャンプ力が上がります。

練習前の5分だけ、確保してください。

 

✔︎筋肉は緩めれば力が出る。

あなたの筋肉はまだ力を秘めています。

解放するには緩めてください。

 

✔︎気持ちイィ〜!方だけやってください。

とにかく快感を追い求めてください。

痛いストレッチや辛い筋トレは載ってません。

 

 

参加者からのメッセージ

 

【169cmでダンク!?】

 

【たった1週間で・・・】

 

【1日で20cmアップ!】

作者紹介

[プロフィール]
1995年3月10日生。埼玉県戸田市出身

埼玉県立川口北高校でインターハイに出場。卒業後は早稲田大学スポーツ科学部でトレーニング、コンディショニングについて学ぶ。バスケ専門のスポーツトレーナーとして活動中。得意分野はジャンプ力up。

取り柄なしの役立たずでした


僕は、高校三年生の時に、

バスケでインターハイの舞台に立ちました。


しかし、それまでは、

部活中は怒られてばかりの

チームのお荷物でした。

 

ドリブルを突いたら、

ハンドリングが悪く、

どっかに飛んでいってしまうし、

 

シュートも苦手で、
レイアップとゴール下以外、

リングに弾かれ全然、入りません。

 

身長差10cm以上

圧倒的に不利な戦い

 

しかも、

チームメンバーには

僕よりも10cmほど背が高い

ビックマンが5人そろっていました。

 

中学校時代は地区予選二回戦負けの

弱小校ではありましたが

キャプテンを勤めていました。

 

高校では

「もっとハイレベルなバスケがしたい!」

と意気込んで、

 

当時、圏内で有名だった先生が

赴任してくると噂の高校に入学しました。

 

チームは強豪

自分は弱小

 

チーム自体はどんどん、

実績を伸ばしていきました。

 

入学当時は、県ベスト8でしたが、

たった一年で県大会の決勝リーグへ

進むようになりました。

 

強豪校に入り、試合で活躍することを

夢見ていた僕ですが、

 

試合に出れずに

悔しい気持ちで

心が擦り切れていきました。

 

練習中は、一生懸命やっているのに

周りのビックマンにシュートを阻まれ、

得点のチャンスは滅多にありません。

 

ドリブルは大の苦手で、

努力はしたものの、

身長を補うには及びませんでした。

 

ボールが手につく感覚とか

全然、わかりません。

 

理解不能でした。

 

何が何でも

試合に出られるよう

上手くなりたかったです

 

チームの誰よりもたくさん

自主練をしました。

 

お昼休みは返上し、

友達ともおしゃべりも我慢して、

シューティングをしました。

 

しかし、なかなかシュート確率は

上がっていきません。

 

「頑張っていれば必ず報われる」

「ここで辞めたら負けだ」

 

そう思い、

がむしゃらになって

努力をしていました。

 

「お前、上手くなったな!!」

「いつも頑張ってるもんな!」

 

そういって仲間や監督に

褒めてもらいたかったんですが、

結果は真逆でした…。

 

なんでおればっかり

怒鳴られるんだ

 

練習試合でも、

監督にアピールしようと

張り切って出ていくものの

ミスばかりで空回り。

 

僕がミスをするたびに

タイムアウトがとられ

監督に叱られました。

 

 

監督や仲間の期待に応えられない自分が

死ぬほど悔しかったです。

 

後輩の前で大声で怒鳴られることが

死ぬほど恥ずかしかったです。

 

どうにか試合で活躍して

「よくやった!」と

言ってもらいたい。

 

心から願っていましたが、

失敗が続くと、

自分の中の弱い心が顔を出します。

 

自分にも身長さえあれば・・・

 

そう願っても、

中学の時に来た成長期は終わり

身長は全く伸びませんでした。

 

「バスケはやっぱり

身長の高い人のスポーツなんだ」

「自分が活躍することは不可能なんだ」

 

そう思っていました。

 

よく隠れて

家のお風呂で泣いていました。

 

部活を辞めてしまおうかとも

思ったこともありました。

 

しかしある時、

 

僕は試合で活躍する

ための糸口を掴みました!

 

僕は埼玉県の高校だったんですが、

隣の群馬県の強豪校と練習試合をする

機会がありました。

 

そこで、衝撃のシーンを

目撃しました。

 

僕よりも小さい、

身長170cm弱の選手が、

試合でキャプテンとして

試合で活躍しているのです。

 

そして、驚いたのは

彼のジャンプ力です。

 

185cmのビッグマンを

豪快にブロック

 

「かっこいい…」

「おれもあんな風にビッグマンと戦えたら…」

 

自分より小さな選手が

強豪校のキャプテンを勤めている姿に

心を打たれました。

 

ジャンプ力を鍛えれば

ビッグマンと

戦うことができる!

 

僕はジャンプ力upの方法を

徹底的に調べ始めました。

 

筋トレやストレッチ、

体の使い方など、

様々な情報を手に入れ、

片っ端から実践していきました。

 

「本当に効果があるのかな?」

「いつになれば効果が出るのかな?」

 

最初はこんな不安もありましたが、

群馬で見たあの選手のようになるため、

様々な手法をためして行きました。

 

スクワット、ジャンピングスクワット、

ランジ、ブルガリアンスクワット、

 

それに、上半身の筋トレも大事と聞いて、

腕立て伏せもやりました。

 

始めて3ヶ月

リングに指が引っかかりました

 

徐々にトレーニングの結果は現れ、

ジャンプ力は伸び始めました。

 

次第に効果のあるトレーニングや

ジャンプの時の体の使い方など

コツを掴んでいきました。

 

ジャンプ力はぐんぐん伸びていき、

リングを掴めるようになりました!

 

その頃になると

ビックマンとも互角に

リバウンド争いが

できるようになっていました。

 

ジャンプ力は

最大の武器になる!

 

チームメイトに

今まで、僕の頭の上から

ひょいっとリバウンドをとって

187cmのセンターがいました。

 

今までは軽々しくリバウンドを

取っていたのに、

いつの間にか

同じ高さで戦っていました。

 

そんな中

監督に言われた一言

 

「ナイスリバウンド!」

監督や仲間から、ぼくに向けて

こんな言葉が飛んできました。

 

久々に、部活を楽しいと感じました。

 

「辞めずに続けてきてよかった。」

努力が報われた感じがしました。

 

一か月後には、リバウンド要因として、

 

Aチームで試合に出る機会も

もらえるようになりました

 

ジャンプ力が上がって得られたのは

それだけではありません。

 

チームのビックマンからは、

「あいつは高く飛ぶから

うかつにシュートを打てない」

と言われました。

 

ディフェンスでプレッシャーを

かけることにもつながったのです。

 

さらに、

高い位置でジャンプシュートが

打てるようになり

得点のチャンスも増えました。

 

レイアップシュートを

後ろからブロックされることも

なくなりました。

 

この時、ぼくは気付いたのです。

 

身長がなくても、

ドリブルスキルがなくても、

スリーポイントが打てなくても、

 

ジャンプ力が

あれば活躍できる!

image

IHの時の僕の写真です。

 

そして、

とうとう3年生最後の大会で

ユニフォームをもらい、

 

インターハイのコートに

立つことができたのです。

 

怒られてばかりの

チームのお荷物的存在だった

僕にとって、最高の瞬間でした。

 

スポーツ科学を学びたい!

 

「正しいトレーニングや

ストレッチを行えば必ず効果は出るんだ!」

 

「もっと詳しく学びたい!」

 

そう思った僕は、部活引退後、

早稲田大学スポーツ科学部を目指し、

無事合格しました。

 

最新のスポーツ科学を

最高機関で学びました

 

大学では、最新のスポーツ科学を学び

トレーニングやストレッチの

知識を高めていきました。

 

科学というのは、

実験を繰り返し、再現ができるものです。

 

あなたにもかならず

効果が出るということです!

 

証拠画像をご覧ください。

 

長谷川君という現役高校生の

男子バスケ部の3年生に

直接指導をしました。

 

長谷川君は、僕が塾講師の

アルバイトをしていた時の

教え子です。

 

当時は中学生で、そのころから

バスケの話をしていました。

 

高校生になり、

「部活で活躍できない」

と悩んでいたので、

僕が指導することになりました。

 

その子も着実に

ジャンプ力を伸ばしています。

 

先日も、

「試合でチーム最多の9本のリバウンドを

取ることができました!」

 

と報告をくれました。

 

 

高校の部活の思い出は、

今思えば、

つらいことの方が多かったです。

 

もっと早く正しい知識に出会っていれば、

もっといい結果が得られてのではないか

とも思います。

 

だから僕は、今こうして

あなたに情報を届けているのです。

 

あなたにはバスケをする喜び、

他人から必要とされる

プレイヤーになる喜びを

存分に味わってもらいたい!

 
なので、

あなたにも出来るようにまとめました!

 

全国出場チームでの経験と

スポーツ科学部最高峰で

学んだノウハウ

 

そのノウハウを

あなたにも出来るようにまとめました!

 

スマホで読める電子書籍に

なっています。

 

それをあなたにプレゼントします。

 

簡単ですぐにできるけど一瞬で効果が出る

魔法のようなメゾッドが詰まっています。

 

具体的には、

全身の筋力のバランスを整え

身体能力は最大限に引き出すための

方法を紹介しています。

 

このプレゼントを手に入れれば・・・

 

  • ジャンプ力が跳ね上がり、じゃんじゃんリバウンドが取れるようになります。

  • ビックマンのジャンプシュートをブロックする驚異的な脚力が手に入ります。

  • ライバルを寄せ付けない、圧倒的な高さのあるジャンプシュートが打てるようになります。

  • ディフェンスがいても、さらりとかわし華麗なレイアップシュートを決める滞空時間が手に入ります。

  • 一試合フルで走りぬく、筋持久力が付きます。

  • ディフェンスをお置き去りにする、素早い動き出しが出来るようになります。

  • あなたの身体能力を最大限に引き出し、常に全力で最高のプレーができるようになります。

  • 歪みが改善され、力の伝達がよくなりシュートの安定にも繋がります。

 

胃が痛くなるほど

悔しい思いをしました

 

ぼくは、高校時代

とても悔しい思いをしてきました。

 

胃が痛くなるほどつらかったです。

 

このブログを読んでいるあなたも

部活で活躍したくて

悩んでいるのではないですか?

 

「僕と同じような悩みを抱える

あなたを助けたい。」

 

そう思って、

このノウハウを公開することにしました。

 

 



 








電子書籍版があなたの
メールボックスに届きます!

◆LINE@・メールで最新情報をお届け!


受け取りの方法

 

プレゼントを手に入れるのはとても簡単です。

 

上のボタンをクリックし、

メールアドレスを入力してください。

 

そうすると1分以内に

入力したメールアドレスにメールが届き

プレゼントがダウンロードできます。

 

メールアドレスを登録しても

僕以外からは一切メールは来ないので

安心してください。

 

第三者には一切公開しません。

 

あなたの努力は

報われるべきです

 

一生懸命やって結果が出ないなんて

むなしすぎる。

 

がんばっても結果が出ないのは

正しい情報に出会ってない

ただそれだけなのです。

 

このプレゼントを今すぐダウンロードし、

生まれ変わりましょう。

 

試合で活躍するあなたは

もうすぐそこにいるのです。

 

それでは、レポートの中で

お会いしましょう。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

 



 








電子書籍版があなたの
メールボックスに届きます!

◆LINE@・メールで最新情報をお届け!


ジャンプ力upマニュアル『Higher』」への13件のフィードバック

  1. Niki

    身長179cm22歳社会人男子です。
    趣味でバスケを始めました。
    そのうちにダンクがしたいと思うようになり、
    ジャンプ力をアップさせようと自分なりのトレーニングを去年の9月から始めているのですが、
    現在リングは片手で掴めるものの、
    そこから高さが伸びずにモヤモヤしています。
    ジャンプ力アップの指導を直接受けたいです。
    実際に質問したいことが山のようにあります笑

    返信
    1. hiroki 投稿作成者

      社会人から始められてたのですね!!
      ジャンプ力だけでなく、バスケ自体でも何か困ったことがあればご相談ください!!

      ぜひ、『Higher』をダウンロードいただき、参考にしてください!
      ダウンロードしてくれた方にLINE@の案内を送っているので、そこから直接指導のご相談をしてください!

      返信
  2. 高井芽

    リングに触ったことはあるのですが、掴んでぶら下がったことは一度もありません。172センチという身長なのですがリングにぶら下がってみたいです!

    返信
    1. hiroki 投稿作成者

      リングを掴んでぶら下がれたら最高ですね!!
      一緒に頑張りましょう!

      返信
      1. miya

        凄い試してみたくなりましたので返信しました。今からワクワクします!どうぞ宜しくお願いします‍♂️

        返信
  3. 匿名

    ハイクリーンをやってますが、始めた頃に少しジャンプ力が上がったきり、伸びていきません。
    宜しくお願いします。

    返信
  4. みやび

    僕は高校一年生で先輩にリングに触れる先輩がいてそれを見て先輩に憧れて自分もリングを掴みたいと思って毎日練習の後自主練を頑張っているんですがなかなか伸びてる感じがしません。今の自分の自主練が本当にあっているのかわかりません。もしこれを見てくださったならアドバイスでもなんでもいいので教えて欲しいです
    よろしくお願いします

    返信
  5. ひろと

    ジャンプ力が低いのでみんなからバカにされたりします……
    今からみんなを見返すつもりで頑張りたいです!!

    返信
  6. ひろと

    ジャンプ力が低いのでみんなからバカにされたりします……
    今からみんなを見返すつもりで頑張りたいです!!よろしくお願いします

    返信

コメントを残す