あなたは気付いていないだけ!1日5分で劇的にジャンプ力が上がります。

落ちこぼれキャプテン、強豪校へ

 

めまして!

 

ジャンプ力upトレーナーのひろきです!

 
僕は、高校3年生の時、
バスケットボールで
インターハイに出場しいました。

レギュラーメンバーにも選ばれ、
試合にも出ました。

 


{987DD17B-3762-4FA5-9F8B-117B135BA4B4}




しかし、ぼくは
レギュラーメンバーの平均身長よりも
10cmほど身長が低く
 

 

高校3年生になるまでは、
怒られてばかりのお荷物的存在でした。中学生の頃の僕は、
地区大会2回戦負けの弱小校のキャプテンでした。

 

その頃の僕は、

「自分には実力がある」
「勝てないのは他のメンバーがいけないんだ」
 

 

 
そう思っていました。

 

 
 
 
 
「高校は強豪校に入り、
活躍して全国大会に出るんだ!」
 
 
 
大きな夢を抱いていました。

有名な先生のもとで教われば、

もっと強くなれる!
 
 

そう思い、ある高校へ行く決心をしました。

 

自分の偏差値では

少し不安がありましたが、
猛勉強の末、無事合格。

 

 
 

 

 
入学式前の春休みから
張り切って練習に参加しました。

 

 
 
 
春休みから参加していたのは
僕だけではありませんでした。

 

 
 
 
身長185cmもあろう新入生が
すでに練習をしていました。

 

しかも3人も・・・。

同学年でこんなに

大きい人間がいるのか・・・

自分はこの中で本当に活躍できるのか。
 

 

 
 
不安がよぎりました。

 

 
 
それでも僕は、
努力をすればきっと報われる。
 

 

 
身長で足りない分は高く飛べばいい。
 
 

 

 
そう信じ、バスケ部に入部しました。
 
 

 

しかし、練習は想像以上につらく、
ついていくのがやっとでした。
 
 
 

周りのレベルに追い付けるように猛特訓

 
 
3人の1年生が、入学してすぐの
夏の大会から試合に出ていました。
 
 

 

周りの同期が活躍する姿がすごく

羨ましかったです。

「僕も試合で活躍したい。」
「練習はつらいが耐え続ければ必ず報われる。」

 

そう自分に言い聞かせていました。

 
 
努力ではだれにも負けないようにしよう。

そう心に決めていました。

 

2時間目と3時間目の間の休み時間で

お昼に食べる用のお弁当を食べ終わり、

 

 

昼休みは体育館へ直行し自主練をしました。

 

週3回の練習後の筋トレは

手を抜くことも出来ましたが、

誰よりも真剣に取り組みました。

 

 

しかし、3年生が引退後も

ずっとユニフォームはもらえず、
メガホンをもって応援を
することしかできませんでした。
 
 
 

やっとチャンスが巡ってくるも・・・

 
 
2年生の夏、
とうとう自分たちの代がやってきまいた。
 

 

 
 
代替わり後、初めての大会では
背番号14番が僕に渡されました。
 

 

 
しかし、
その大会では思うような活躍はできず、
次の大会から背番号14番は
後輩の手に渡ってしまいました。
 
 
 

 

 
「チームで誰よりも努力しているのに・・・」
毎日、家のお風呂で泣きました。
 
 

 

 
次の大会こそは必ず活躍する。
きっと、まだまだ努力が足りないんだ。
 

 

 
 
一方で、 
「僕の努力は一生報われないんじゃないか」
と自分の心がささやきます。
 
 

 

そんな声をかき消すように、

 

がむしゃらに練習しました。

 

しかし、疲れがたまる一方で、

目に見えた成果は得られません。
 
 
 

間違った努力が裏目に出ました。

 
 
夏休みの間
練習試合中に右足首を捻挫し、
全治4週間のケガをしてしました。



その間にも、
周りの仲間たちはどんどん
うまくなっていきます。
 

 

 
試合に出ていた
レギュラーメンバーたちは、
遠い雲の上の存在でした。
 
 

 

「上手くなりたいと強く願っても
練習できない」
 
 

 

これ程までに、悔しい思いをしたことは
ありませんでした。
 
 

 

悔しくて悔しくて
家族に当たってしまうこともありました。
 
 

 

いまでもこの時のことを思い出すと
目に涙が滲みます。
 
 
 

怪我が治り再チャレンジ!

 

リハビリを兼ねて、

筋トレに打ち込みました。
 
 
 
成果はそれなりにありました。
 
 

 

体重は5kg増え、
 

仲間からも「筋肉ついたな」と言われました。

 

しかし、筋肉は確かについたものの、

身体は重く思うようなプレーはできません。
 
 
 
自分だけ、身体に重りをつけて

プレーしているように感じました。

 

決して、間違ったトレーニングを

していたわけではありません。
 

 

ただ、あるものが足りなかったのです。

 

 

それに気づいたのは、

高校3年生に進級してすぐでした。
 
 

 

 
たまたま見ていたバラエティ番組で、
トレーニングについての特集を
放送していました。
 
 

 

 
 
 
そこで、羽が生えたように飛べるようになる秘訣が
紹介されていたのです。
 
 

 

 
 

どうにか今の現状を変えようと、

かじりつくように見ていました。
 

 

そこで言っていたことは、
 
 

 

 
「力を最大限発揮するには
左右の筋肉のバランスが
整っていることが大事だ」
 
 

 

ということ。
 
 
 

 

 
そして、筋力のバランスを整える方法が
紹介されていました。
 
 
 

 

次の日、それを練習前に試してみると、
  
身体の軽さが今まではまるっきり違いました。

今まで、重い重いと感じていた身体が、

 
 
ふわふわと宙に浮くかのように
走り回れたのです。
 

その日は軽く飛んだけで、

リバウンドが取れました。

 

周りからも、

「ひろき、今日は調子いいね」
と言われました。
 
 
 

久しぶりに、部活を楽しいと感じました。

 

どんどんジャンプ力が!!

 

その後も、

練習前にはそのストレッチを取り入れました。
 
 
 
それに伴い、

どんどん調子も上がっていきます。

筋力バランスが整った状態で

 
トレーニングをすることにより、
効果は倍増しました。
 
 
 

 

軽くジャンプをしただけで、
リングに触ることも出来るようになりました。
 
 
 

最後のインターハイ予選が始まります。

 
 
ついに、最後の大会の
メンバー発表の日がやってきました。
 
 
 

 

自分の名前が呼ばれたときは

うれしくて泣きそうでした。

 

チームは

インターハイ埼玉県予選を1位で通過し、

全国大会へ出場することになりました。

 

 

県予選のメンバー登録は15人でしたが、

 
 
インターハイのメンバー登録は
なんと12人。
 
 
 
インターハイへ向けてまた、

ユニフォーム争いが始まります。

 

 

無事、インターハイのメンバーにも

選ばれました。

 
試合にも出場し、

一生の思い出を作れました。

 

 

このストレッチは効果絶大!

 

実は、

この方法でジャンプ力が上がったのは

僕だけではありません。
 

 

 
親友だったバレー部のY君にも、
同じストレッチを教えたところ、
 
 

 

「羽が生えたように飛べるようになった!」
 
 
と大喜びしてくれました。

 

 

バスケットマンを救いたい!

 

部活を引退後は、猛勉強の末、

早稲田大学のスポーツ科学部に
入学しました。
 

 

 
そして、そこで体の仕組みなどを学び、
身体のアンバランスをなくす方法を

専門的に学びました。

 

そして、さらにコンパクトにまとめられた

最強の方法を発見したのです。

 

「いくら努力しても結果がついてこない」

 
「けれどもあきらめたくない」
 
 
 

僕と同じ、悩みを持つ人を救ってあげたい。

 

その方法を広めていきたい。

このブログを見つけたあなたはラッキーです。

 
 
僕が、高校生活をかけて手に入れ、
大学でさらに磨きをかけた方法を紹介します。
 
 

 

 
僕の次はあなたが、
悩みを解決し、楽しく全力で
部活に打ち込んでほしいと思います。

 

 

悩んでいることや、わからないことは、
気軽に相談してください!

 

ブログのコメント欄には

どしどしコメントしてください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です